スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館遠征記パート2・ライブ編(前編)

(盛大にネタバレ有り)


会場が徐々に近づいてくる。
開演時間まであと1時間足らず。
うーん??でもなんか変だわ・・・・・??
いつまでたってもライブだという実感がわかない!
いつもの、ライブ前のチビリそうなくらいのドキドキ感がまったくない!
うわー、どうしたワタシ!?


これは多分
「「飛行機・オトモダチいっぱい・北海道でっかいどう・観光・お泊り・わーい!わーい!(゚∀゚)」
ってな感じで、ありあまる『非日常』に頭が麻痺してしまっていたのではないかと。
もう容量いっぱいで、ライブのことまで頭が回ってなかったんですよね。
「え?ライブ?ラルク・・・??ホントに??えー?」 って。

そんな状態のまま、市民会館に到着。
初めて来る街の、初めて来る会場。
のどかだ・・・・。
こんなのどかで普通の小さい会場に、ほんとにラルクが来るの??
本当に本当に、本物のラルクが出てくるの?
五木ひろしのそっくりさんの三木ひろしとか、そういうののラルク版が出てくるんじゃないでしょうね??

相変わらず、いまひとつ実感が沸かないまま場内へ。
席に座ると、うーむ近い。
後ろから数えて数列目という場所にも関わらず、この近さはなんだいジョニー?などと、最初は余裕で構えていたんですが。
座って開演を待っているうちに、じわじわじわじわとキタ・・・・。
きたきた、きましたよ、今更ながらようやくライブ前の臨場感が。
緊張が。ドキドキが。
あわわわ、お腹痛くなってきた。
どうしよう、胸がドキドキして苦しい。狭心症?私死ぬの?
いや、ライブ前に死ねるかぁぁー!

緊張で変な汗が出てきたところで、場内暗転!ギャーーーーー!!!!

この辺すでに緊張極限だったもんで、オープニング映像とかほとんど記憶にありません。
「ああ、噂どおり、おくさまは魔女っぽい映像だなー、
そうだよな、hydeは魔女っコだもんな、そりゃあ可愛い奥様になるだろうな・・・」

と、虫のような脳味噌の片隅で真面目にそんなことを考えていたのだけは覚えています。

頭が真空状態のところに、いよいよ1曲目のイントロきたーーーーー!!!!
せぶへぶ!!!せぶへぶ!!!ウギャァァァァ!!!!

隣のツーさんと、手と取り合いジタバタ地団駄踏みながらとにかく叫んだ記憶が・・・。まさにパニック。
ああ、セブヘブだいすき・・・。ライブで聴けるなんて嬉しい。
真っ白になり過ぎて、何も考えずに踊ってましたね。
言葉は要らない、原始に還った私。

セブヘブに続いて
「Killing Me」「4番街」 と続く。引き続き原始人の私。
4番街のラスト 

「♪たーめ息はこぼれたぁー・・・・ハァーーーーッ」

と、おhyde様の長い溜め息に腰が抜ける。
そしてちょっとニヤける。
原始人からエロ親父へ進化。

場内に入ってもやや肌寒かったのに、開演したとたんあっという間に汗だくに!!アチィ!!www

ここでMCだったかな?
とにかくこの時のhydeはキャラ設定が謎でした。
基本、カタコトでオカマ言葉でした。

「寒いわよー!チョットこれドウイウコト?!」
「飛行機降りてビックリしちゃったー!」


ってな感じで。
私も寒さにビックリしたので同じ同じ!(当たり前だけど)と、なんか嬉しかったです。
ああー、ホントに同じところに居るんだなぁ・・とね。
「ラッピでハンバーガー食べたわー!たまごのやつ」
わぁー!私もさっき食べた食べた!(たまごのじゃないけど)同じ同じ!!と、嬉(以下同文)


ここらで少し落ち着いてきたので、さっきから意識の片隅に違和感として引っかかっていたhydeさんの衣装を双眼鏡でよく見てみる。

「なんじゃアレは・・・・?( ゜Д゜)」

えーっとえーと、あのパンツは豹柄・・・か??
んであの丈は?あれはもしや脛??ん??
あの巻いてある布はなんぞや??

頭の中が「???」でいっぱいに。
普段からhydeの衣装は謎なことが多いものの、謎な上にあそこまでシルエットがダサイのは初めて見たかもしれない。
ここで、嬉しさがこみ上げて満面の笑みになってしまう所が、われながらつくづくマニア。
ああああ、なんってカワイイのーーーー!!
どうしよう!こねまわしたい!!ウガガガ!

そんな熱い思いを抱えた変態をあざ笑うかのように、新曲の連発がぶちかまされました。
後で調べたところによると、(タイトルは仮かも)
「DAYBREAK'S BELL」「砂時計」「雪の足跡」の3曲。

「DAYBREAK'S~」は初期ラルクの匂いがムンムンする曲でした。
不思議なメロディラインとhydeの艶っぽい歌い方。
サビのファルセットがとっても印象的でイイわ!!と鷲づかみにされた曲です。
しかし、これがガンダムの主題歌とは・・・驚いた。
いかにもアルバム曲風で、主題歌っぽくない気が。
ちゃんと聴けばまた違うのかな。

「砂時計」は、緑色のレーザー照明がhydeを包み、静かな雰囲気で始まる曲でした。
「偽りの楽園」「おかしたあやまち」とかなんとかいう歌詞があったような。とっても印象的でした。
悲劇的な重いテーマの曲なんでしょうかね。
ラストの「神の裁きまで」っていう歌詞が心にグサリと残ってます。

「雪の足跡」はね・・・・・すっごく好きです!いい!!
新曲の中で今回一番釘付けにされた曲です。
優しいロマンティックな曲。
系統からすると「あなた」「瞳の住人」を優しくした感じかな。
真っ白な雪の中を二人で暖かい気持ちで歩く、そんな歌詞だったと。
私は関東育ちなので真っ白な雪の記憶ってそんなに無いはずなんですけど、それでも何故か子供の頃を思い出してとっても懐かしい暖かいせつない気分になりましたね。
その情景や空気感や空気の匂いまでリアルに感じられる、不思議な感覚。
hydeってhydeってhydeって・・・・・・すごい。
(´Д⊂ヽ あれオカシイわ、目から水が・・・。

涙目でしんみりじんわり感動に浸っているってのに、
ここでクマのバカCMが!!
コラ!!なんてことを!www
下ネタに涙もふっ飛ぶ勢いでウケる私。(下品)
こういうの、いかにもラルクだなぁ。心もほのぼの。(下ネタで?!)

んで「Caress of Venus」
CMに引き続き、クマの野郎がスクリーンに出ずっぱり。
クマ、踊る踊る!!
クマのくせに真面目な顔して激しく踊る姿がやけにツボにきて、ついついクマを見てしまう。
クマの中の人、すごいなぁ・・・。あんなに踊ったら中で汗だくだろうよ。
・・・こら!!曲に集中できないじゃないか!クマめ!

どの曲だったか覚えてないんだけど、みんなのレポを見るとこの曲の時なのかな?
hydeがステージ上のソファにゴロンと横になって、立て膝で足をちょこちょこと組み替えたんだけど、
短い足がなんとも可愛くて「ブッ!!」と笑っちゃいました。
あああ、なんて可愛いんだ・・・白いスネが眩しいよ。
(双眼鏡でスネ毛確認するのに必死)


次に、不意をつかれたような「SHINE」
おお!なんか久しぶりに聴いた!しかもライブでは初めてだ!
なんだか凄く新鮮!
ライブで聴くと、奥行きが広がる曲だねぇ。
奥行きだけでなく上方向にスッカーン!と抜けるような気持ちいい曲。
広い場所で聴いたらとっても気持ちいいだろうな。

「MY HEART DRAWS A DREAM」
kenちゃんのギターソロでゆっくり始まる。ついにキタキタ!!
ライブで聴けるのを楽しみにしていた1曲!
これもSHINE同様、上下左右奥行き広がる曲!
広がるどころか空だって飛べちゃう!!
爽快なのに何故だ!?何故せつないのだ??!涙が止まらないんですけど!
「叶うといいな」「会えるといいな」って歌詞のせいかな?
ここの歌い方が優しくて、なんかもうたまんなくなりました。
hydeっていい人だよなぁ・・・・いつまでも幸せであってほしいなぁ・・・・と、何故かhydeの幸せを祈る流れに。
はっはっはっは。キモチワルーイ!私。

新曲「THE BLACK ROSE」
なんか、007みたいなルパンみたいな昔の刑事ドラマみたいな映像で始まったよ。
ゴリゴリな感じの曲。
ちょっと(いい意味で)ビジュアル系っぽいような、昔のロックっぽいような、謎な印象です。

ここでkenちゃんのMC。

「やっぱ、北海道の人はクマ見慣れてるの?」 (そんなぁ・・・)
「鮭をこう、ザバーッとやってるクマ、見たことある人!?」 (ハーイとチラホラ手が挙がる)
「ええっ!(素で驚く)ホントにあるんだ?(笑)」

以降、何故か飛行機の機内食の話を延々と話し続けるkenちゃん。
長いので、詳しくは世蓮さんのレポをご覧ください。ww

いやー、こういうkenちゃんのグダグダした無駄話的な長いMCって大好きだわ!
本当に、気軽に思いついたままをしゃべってる感じで、聞いてるこっちもリラックス出来るのよね。
張り詰めた空気をちょっと緩めるのにちょうどいいのさ。
そして、私はやっぱりkenちゃんが好きだと再認識。
(もちろんhydeは別格で)


グダグダ感が漂い始めたところで、無理矢理盛り上げにかかるkenちゃん。

「はこだてー!!」 (イェー!!
「イカー!!」 (イェー!
「クマー!!」 (イェェーーー!!
「五稜郭ー!!」 (ウェェーイ!
「ドライバーズハイ!!!」 (・∀・)!

ということで「Driver's High」
この曲の時はいつもそうだけど、メンバーが元気に動き回るねぇ。
hydeがステージの端っこから端っこまで、たかたか走り回って歌ってました。
よっしゃ!私も元気に跳ぶわよ!!靴なんか脱いじゃうぞ!!
この辺以降、私、裸足。身も心も野生にかえるのだ。
アアッ!!ステージ端の花道が客席のすぐ近くで、お客さんの手がhydeにいっぱい伸びてるー!
hyde、ニコニコうれしそうにお客にチョッカイ出してる!
ええのぅ・・・。

テンション上がりまくってたので、もうこの辺は何が何だか。
えーっと 「REVELATION」 か。
おお、すっかり忘れてるぞ!www
たしか、後ろのスクリーンには延々イラスト(ロゴ)を描いてる人が映ってた。(最初、hydeか?と思ったw)


新曲「Pretty Girl」 

こぉぉーれがっ!!もっ!参った!!

大画面の色っぽいお姉ちゃんの腰振りに負けないわよ!とばかりの
hydeのクネクネふりふり悩ましい動きが・・・・
うおおおおおおーーーー!!!  ( 大 興 奮 ! )

この曲に限らず、どうもこのライブのhydeは最初からおかしかったんですよねぇ。
最初から
「はははhydeの動きが悩ましい!なんだあのなまめかしい腰つきは・・・!!!あれは間違いなく玄人だ、hyde、一体何があったんだ?!」
と、ムラムラ気になってはいたのですが、特にこの曲では暴発しましたね。
もう、hydeの一挙手一投足に目が釘付けですよ!!
気分は、思春期まっさかりの男子高校生ッスヨ!!先輩!ウッス!!

そして私は見てしまった!!
そんなニキビ面の男子高校生をフィニッシュに追いやるかのごとく、
hydeったらスッゴイ色っぽい表情&しぐさを!!
脳裏に焼きついてるあのエロい表情、なんとも表現出来ないので隣の椿お姉さんのブログで「Pretty Girl」の項をご覧くださいまし。
さすがです。うまいこと書いてあります。
そして双眼鏡を顔に食い込ませる私達。www

今ツアーで何千人の観客誰もが思ったであろうこの一言、
もう一度あえて言わせて貰います。

「あんたがPretty Girlだよっ!!!!」



興奮最高潮のところで更に興奮を煽るこのイントロ!
ズンドコズンドコズンドコ・・・・
うおおおおお 「READY STEADY GO」 だ!
原始人魂に火がつくぜ!!!
というわけで、もうすっかり野生にかえった私はもう記憶がありません・・・・。
あああ、ユキヒロ様だわ、ブラボー・・・・。
そのままどうやら本編終了・・・・。

放心しながらヘタるワシ。
いや、ヘタっとる場合では!!
がんばって拍手&アンコール。(ヘタりながら)

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

はっちゃん・ハチコ

Author:はっちゃん・ハチコ
別名オカマ(でも女です) 
ラルオタ暦1999年~
しし座A型天王星人
プロフィールはこちら

***カマハチにメール***

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。