スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ行ってきました!

と、言っても今回はVAMPSではなく、渋谷O-EAST、Creature Creatureライブ!
モーリー様&sakura目当てで、気軽な感じで行ってきたんだけど、予想よりもかなり楽しめました♪

クリクリの曲はあまり知らなかったものの、さすがはカリスマモーリー様!あの美声にはウットリ。ダンディです。アダルトです。あの声はすごい武器だわ。
MCもさりげなくカッコよくてジェントルだし。
見た目のインパクトのせいでエキセントリックな人なのかと勝手に思ってたけど、大いにイメージ変わりましたね。

ライブでsakuraを見るのは5年前のSOAPライブ以来。わお。
ちょっと見ない間に中年太りのオッサンになってたらどどどどうしよう!?と心配していたのですが(最近中年太りというキーワードに敏感)、とんでもない。まったくの杞憂でした。sakuraゴメンね。
いやしかし、sakuraはドラム叩いてる時が1番カッコイイね!!もう、普通に見惚れちゃったもん!やだ恥ずかしい。

場内は後方までぎっしり満員。
想像以上に男性客が多くてさぞかしハードなノリなのかと思いきや、なかなか大人な感じでいい雰囲気でしたねー。各々が自由に楽しんでる様子で。
そんな大人な雰囲気にも関わらず、終演後はアンコールの掛け声が止まず。大人だと思ってたけどみんな熱いわぁ!

客電が付いて終演アナウンスも流れ、ファンも諦めてぼちぼち退場し始めた頃、突然メンバーがステージに再登場!!ギャー!ビックリ!メンバーみんなお揃いでツアーTシャツ着てるし!www
(機材の撤収が始まってしまったので)「演奏はもう出来ないけどゴメンね」、とイイ声で挨拶するモーリーさん。優しい人だ・・・。
メンバーみんなで肩組んでお辞儀して、手を振りながら去っていかれました。
帰り際のまさかのサプライズに、なんだかあったかい気分になったわぁ。


あ、すごく余談だけど、会場でコメットさん見た!www
(見たというか目の前を通って行ったので、思わず会釈してしまった)
コメットさん、ラルク関連のライブの度に神出鬼没すぎ!まさかクリクリにまでいらしゃってるとは!
一緒に居たYちゃんの 「コメットさんは実は5人居る説」 に思わず納得。


今日もライブの前後にたくさんのお友達と会えて嬉しかった!
お馴染みの友達も、はじめましての方も、みんな明るくて楽しい方達ばかり。お会いできて良かった。
みなさんありがとうございました♪
スポンサーサイト

いろいろ今更ですが

おおっ?!リバーサイドモールにVAMPSが来てたんですって?!
ずいぶん前だけど本巣の近くに住んでいた事があるので、あまりの懐かしさに反応してしまった!w
あんな田舎のどかな所に、VAMPSおよびVAMPSファンが大集合・・・・ミスマッチぶりが甚だしいったらwww いいなぁー。
のどかと言えば、今度琵琶湖のほとりにtetsuさんもいらっしゃるそうで。
そちらのイベントも凄い事になりそうで、いま、関が原近辺が熱い!・・・のかな?w

VAMPSのアルバム、届いたんだけどまだちょっとしか聴けてましぇん。
初聴きの印象は「ざっくり」。←身も蓋もないw
ライブで盛り上がる様子が想像出来ますねー。
私のVAMPSライブは9月の武道館までお預けなので、それまでゆっくりじっくり時間かけてアルバム味わって行こうかなと。
アルバム曲では今の所SECRET IN MY HEARTDEEP REDがいい感じ。

Mステは、宇宙人ガガの後ろでカワイコぶってるHYDEがまんまと可愛かったですw
髪の毛切ったせいか、なんだか幼く見えました。
色白で華奢な姿かたちと、ざっくりワイルドな歌声とのギャップが、なかなか他には真似できない感じで良いですなー。

しかし、録画見直すたびにレディガガが有無を言わさず目に飛び込んできて困るwww
タモリさんの何か言いたげな様子も笑えたwww

女子高にHYDEせんせい

・・・って聞いた時、真っ先に 「ハイドお兄さん」(by・FLA)を思い浮かべてしまいました。
実際は、ちゃんと真面目なこと喋ってたみたいね。(当たり前か)
エロ教師とか言ってスイマセンwww

http://www.barks.jp/news/?id=1000049863
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090601-OHT1T00219.htm


例の某小悪魔雑誌は立ち読みするのもなんか恐くて(ギラギラしてて眩しいんだもん)実物は見てないんですが、HYDEの載ってるとこだけチラッと見せてもらいましてね。
・・・・いやもう、想像以上の安っぽさ&ゴージャスっぷりにビックリですわ!(´∀⊂ヽ
てっきり普通のインタビュー記事かと思ってたんだけど、さすがage嬢御用達雑誌。オバチャンの常識を覆す斜め上っぷりでしたね。いや参った。
衝撃のあまり、ここ数日は現実逃避してました。るーるーるー♪(花畑)

ラルクではありえないような、まさに枠にとらわれない自由な活動っぷり。
ちょっと恐ろしいくらい、精力的かつ楽しそうに活動してるHYDEを微笑ましく応援しつつも、最近そのテンションになんだか最近付いていけない自分。イヤだわ年のせいかしら・・・ちょっと息切れがw

まあ無理して付いて行く義理も無いんだしw、ここはしばらく遠くからまったり見守るスタンスで、アルバムが出るのを心静かに待とうと思います。
プロモーション活動に付いていけなくとも、音さえ気に入ればオールオッケーだ♪


あ、そうそう、今回の月刊VAMPSは買いましたよ!!
人造人間ライブの写真が載ってると聞いて、すっぴんで本屋へダッシュしましたからね!
ライブ中終始無表情を貫いていた人造人間様が唯一輝くようなナイスな笑顔を見せた、まさにあの瞬間が見事に収められてるじゃないですか!カメラマン、グッジョブ過ぎ!!エライ!褒美を授けるぞよ!!
見るたびにこっちまで顔がほころんじゃう良い写真だわぁ。
オッチャン二人の抱擁写真見ながらニヤニヤしてる自分を、ふと気持ち悪いと思いつつも、やっぱりニヤニヤは止められないのでした。w
ではまた!

懐古、感慨、感動

ゆうべの 「堂本兄弟」、若林の歌に腹の皮がよじれるほど笑った!wwww
今まで、不気味で不敵で変態な春日が好きだったんだけど、最近若林がジワジワ来てますw

そういや、昔ラルクも堂本兄弟出たよなぁ・・いや、あれは 「LOVE LOVEあいしてる」 の頃だ!!と、思い出し、急遽夜中に1人過去映像懐古祭りを開催。
なななな、なつかしい・・・!!!(涙)
久しぶりに見た金髪(というか黄色)のhydeは、どこのお坊ちゃんですか??って感じだし、やけににこやかなtetsuさんも、フレッシュなルーキーユッキーも、今より尖った悪ガキっぽいkenちゃんも、みんな今とあまりにも雰囲気違い過ぎて・・・・・不思議でしたw ラルクだけどラルクじゃない感じ。
でも、この当時からラルク好きだったし、今のラルクも大好きなんだよな。
育ってるんだなぁ、ラルク。そして自分はその過程をずっとリアルタイムで追い続けてきたんだな、と突然感慨無量に。
気付けば10年以上・・・・長いな。

そんなこと考えながら、NHKのパリ映像見ちゃったらまた泣きそうだわ。
おかしいな、若林の話してたのにいつの間に。


そう!若林はどうでもいいんだ、NHKですよ!NHK!

せいぜいDVD映像の繋ぎ合わせ+申し訳程度の未公開映像だろう、と高を括っていたんですが、申し訳有りません!私が悪うございましたッ!
蓋を開ければなんとビックリ。パリ公演ダイジェストとして文句なしの出来映えじゃありませんか!
素晴らしいパリライブ映像、メンバーそれぞれの思い、現地ファンの熱い様子、それぞれをとても上手に繋いであってコンパクトながらも上質なクオリティでしたね!

ああ、こんなにいい番組だと分かっていたら、もっと友人にジャンジャン宣伝したのになぁー。
普段ファン仲間以外の友達には、なんとなく気恥ずかしくて(ゴメン)ラルクの事は話題にしないんだけど、今回ばかりはラルクファン以外の人達にこそいっぱい見て欲しい!!って思ったわ。
ファンの欲目ではなく、これは自信と誇りを持って皆様にお勧めできる逸品であると!
ありがとうNHK、ありがとうラルク!!


以下、印象的だった場面、順不同。


「何クソ根性」のユッキーに男を感じてトキメク。

アメリの真似といい、メリーゴーラウンドといい、リーダーどこまで乙女チャンやねんww

サインを求めるファンに優しく接するkenちゃんとユッキー。なんだかこっちまで嬉しくなる。

パリの建物、キレイだなぁ。いつか行きたいなぁ。

そのキレイな街並みに、美しく溶け込むhydeに惚れ惚れ。

楽屋も移動も別々、会話もあまり無い、それでもライブになるとビシッと決まる、お互いを認めた上での距離感・・・・ラルクはまさに 「孤高の職人集団」 か。

kenちゃんの言う 「最近、ライブに対してぶれない気持ちを持てるようになった」 っていうのは、見ているこちら側にもちゃんと伝わってたなーと。

外人さんたちがアルバム曲まで歌えるのがホント不思議。なによりまず日本語で歌ってるのが不思議。嬉しくてくすぐったい気持ち。

kenちゃんの撃たれるシーンは何度も見過ぎたせいか、なんかもう笑えてきた。kenちゃん何度撃たれてんのかとwww

↑の後の、hydeのあのクールさと客観性、「わあ、いかにも水瓶座だ・・・!」 と変なふうに感心した。

STAYAWAYユッキーは、笑っちゃいけないところですか。

パリのオーディエンスの自由なノリに国民性の違いを感じた。んで、美人多い。


この番組もDVDも、何度見ても見るたびに満足感で胸がいっぱいになる・・・・んだけど、余計にライブが恋しくなってせつなくもなるのよね。
今回の特番見た晩なんて、ラルクのライブに行く夢見ちゃったし・・・白いhydeが夢の中で歌ってたなぁ・・・。
どんだけラルク好きなんだ私ゃ。
ともかく、2011年にこの4人が、また素晴らしいライブを私達にみせてくれる事を心から願うのでした。


- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

はっちゃん・ハチコ

Author:はっちゃん・ハチコ
別名オカマ(でも女です) 
ラルオタ暦1999年~
しし座A型天王星人
プロフィールはこちら

***カマハチにメール***

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。