スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAMPSの宴 @ZEPP TOKYO 2010.09.14

今日はなにやらファン界隈が賑々しいですね。
この雰囲気、長崎のハウステンボスのライブを思い出すわぁ。
あの時は数少ないヒントを頼りに推理合戦が繰り広げられてたけど、今回はノーヒントでしょ?
にもかかわらず、結構な人数が既に場所を特定して駆けつけてるらしいですね。
いやー、恐るべしファンの底力。お見それしやした。


さて。
先日、今年初のVAMPSライブに行って参りました!

今回は初めての2階席。
久しぶりのライブだし、体力的にもテンション的にも、自分には2階席がピッタリでしたね。
見晴らしは良いし、各自のスペースがちゃんと確保されてるから気が散らないし、いやもう快適快適。
(HYDEがMCで 「座りたいやつはラルクに行け」 とか言ったらしいけど、そんな風に言われると余計に 「絶対にまた2階席から見下ろしてやる!!」 と、見当違いな決意を新たにしました。ケケケ!w)

今回の相方さんはマダム椿。すでにナイスなレポを書き上げてらっしゃいま・・・・って、ちょっと待ったツーさん!
別に私 「HYDE<パフェ」 だったわけじゃなくてよ!w たぶん。

いや、ぶっちゃけると、確かにラルクのライブ行く時ほどにはテンション上がらないんですよね。ラルク100とすると、VAMPSは40くらいかな。以前のHYDEソロは75くらいで。(当社調べ)
曲調とかライブの形式とか、色々心当たりはあるものの、一番の原因は 「ビッチ文化に馴染めない自分」 ってことかな。・・・・と、ツーさんに言ったら爆笑されました。なんで?w
それでもやっぱりHYDEの歌声には惹かれるし、好きな曲もあるからね。何度もライブ通うまではせずとも、たまには気楽な感じで行ってみる。こんなスタンスで落ち着いてます。


で、久々のVAMPSさんですが。

さすが長いこと場数を踏んできただけあって、前回見た時よりも完全にバンドとして形になってるなー!!と感心しました。「HYDEのソロ」では無い、「VAMPS」という全く別物のバンドとして完成されてる感じ。
DVDやTVで見てもピンと来なかったんだけど、ライブでは俄然パワーを発揮しますね。VAMPS。

金髪HYDEは写真で見るとムッチリガッチリして見えるのに、生で見ると本当に華奢。
遠目で見るとまるで少年のようだわ。(近くで見たYちゃんによると「アイメイク恐いよ!遠めに見て丁度いいよ!」とのことですがw)
全身が見えるせいか 「コンパクトな等身バランス感」 がやけにハッキリと感じられて、何と言うか・・・・微笑ましいw
恐れていたムキムキ腹筋も、遠かったのでうっすらとしか見えませんでした。ホ。
それにしてもこの年であそこまで腹を鍛え上げるのは相当な努力が必要よね。どうやって鍛えたのかしら。(まさか高須クリニックで…)
ストイックだなぁ。HYDE。

スタートは 「SEX BLOOD ROCK'N ROLL 」 「IT'S SAD」
そして 「VAMP ADDICTION」 「THE PAST」と、立て続けに好きなアルバム曲が!しょっぱなからいい感じにテンション上がりました!

続いて、今回のアルバムで一番好きかもしれない 「GET UP」 が!やったあ!聴けて良かったー!!
この曲って空にスカーンと突き抜けるようなイメージなんだけど、照明もちゃんと空色で綺麗でした。うん、やっぱり好き。

「PIANO DUET」は、誰もが一度は目頭熱くする曲よね。狙ってるのか?!と思いつつもジーンときちゃう。

「REDRUM」、本気で途中まで知らない曲だと思ってた。いかに前回のアルバム聴いてないかバレバレね。

「DOLLY」、既に懐かしい!これ盛り上がりました。カッコイイなー。欲を言えば「FAITH」も聴きたいなー。

「SAMSARA」 CDよりも長めバージョン。
ツーさんが 「あと5倍長くやってくれてもいい」 って言ってたけど、そしたら私は立ったまま寝る自信があるぞ!
この曲ってボーっとして気持ちよくなっちゃうのよね。

で、「MY FIRST LAST」 この2曲の流れはCDで聴いてるとホント催眠作用が凄いです。(当社調べ)
高確率で眠りに誘われます。 2大おねむ曲です。

うっとり眠くなった後に、お久しぶりの 「Lucy in the Sky With Diamonds」!酔っ払って見る夢みたいな、雲の上をフワフワ遊んでるような、不思議な感覚。このセトリの流れは良いですねー。
「Lucy~」は過去のライブで何度か聴いたけど、さすが今回が一番上手!(今までがアレ過ぎたっていうか)


アーリーさんのMC。
アメリカで 「アミーゴ!アミーゴ!」 と挨拶されたとか、インディアンと間違えられるとか。
日本でも、先日明治神宮へ行って本殿の和太鼓を身を乗り出して見ていたら、警備員さんに 「ドントタッチ!ドントタッチ!!」 って注意されたとかwww
こんなにしゃべる人だったのね。(以前見た時はギズモの中の人だったし)
なんとなく、感じの良い人だなーと思いましたw

そういえば、「キーボードのところに知らない人が居る…」 と思ってよく見たら、あらやだ!ジンさんじゃないですか!!
ダイエット頑張ったのねえ!心の底からリスペクト!!

ジューケンさんは相変わらず体も動きもデカイね!!
2階席からだとステージ全体が見渡せるので、ジューケンさんの動きがより映えて見えました。

で、KAZさんは・・・居ない。
そして2階席の入り口ドア付近に警備のスタッフさん達が大勢待機してる。ものものしい雰囲気・・・これってもしや。

アーリーさんのMCが明けて 「HUNTING」 !そして予想通りKAZさんが2階席に登場!!
ギャー!スポットライトがまぶちい!!
ギョー!!そして何故に私達の前で立ち止まって演奏を始める!?!
手を伸ばしたら簡単に届く至近距離でKAZさんの華麗なるギタープレイが!!これってKAZファンだったらシッコちびるような状況だわ!!どうしよう、どうしたらいいの?!とりあえず笑うしかないか!!
KAZさんもろともスポットライトを浴び、KAZさんと共にカメラを向けられ、KAZさんと共に1階席からの視線を受け止める・・・・うわぁぁ恥ずかしい!ゴメンナサイ勘弁してください!
後から聞いたらHYDEもこっち見てKAZさんとアイコンタクトしたり色々やってたらしいけど、そんなの全く見る余裕はありませんでした
嬉しいやら照れるやら驚くやら困るやら、とんだサプライズ。あービックリした!

至近距離で見たKAZさんですか?・・・とりあえず 「鼻が高いなー」 としか覚えてません。すいません、いっぱいいっぱいで。

動揺も鎮まらぬうちに 「ANGEL TRIP」 。おおお、これが噂のタオル回しか!!
みんな準備がいいのねぇ。(←感心するトコが違うかも)上から見ると実に壮観でした。

「TROUBLE」 これはもう定番曲よね。盛り上がるったらないわ。

「LIVE WIRE」 あら懐かしいモトリークルー!(そっちかい)
この曲は、03年のバブフェスでも演奏してたっけね。あの時のHYDEは高校生の文化祭バンドみたいに初々しかったな。変なバンダナ巻いちゃってニコニコして演奏してたよね。あの子が今じゃこんなに立派なエロエロフェロモンおやじになるなんて感慨深いわ。

HYDEのMCはひたすら卑猥なセリフを囁いてましたが、いまひとつキャラが固まっておらず、ちょっと変な人みたいでしたwww
吐息(鼻息)ハァハァさせて「奥まで・・・」とか云々喋ってたけど、ありゃまるでイタズラ電話だわ。あんなのかかってきたら即ガチャ切りよ。

ぜひともライブで聴きたいと思ってた 「REVOLUTION」、アンコールでやってくれました♪
想像以上に楽しく盛り上がれるね、この曲。好きだわ。

ラストは 「MIDNIGHT CELEBRATION」  。激しい終わり方ね。
「明日のことは考えるな」って言ってたけど、HYDE自身ほんとに考えてないでしょ?!ってくらいのシャウトっぷりでした。
連日のライブなのに、この人の喉は一体どんだけ頑丈なのかしら。つくづくタフだなぁ。

2階席とは言ってもずっと立ちっぱなし動きっぱなしで、終わったときはツーさんも私も汗だく。
いやー、スッキリした!楽しかったです!!
始まる直前まではあまりテンション上がらないんだけど、終わったときにはちゃんと満足の笑顔満開になってる、これが私のVAMPSライブにおける毎度のパターンです。なんだかんだ言いつつも。さすがですHYDE。

ライブってやっぱり楽しくていいですねー!
ライブ効果なのか翌日は寝不足にもかかわらずお肌がツヤツヤでした。きっと色々と体に良いものが分泌されるに違いないわ。若返り効果もあるよきっと!

以上、長々とレポっぽい覚書でした。


拍手おへんじ:

Continue Reading

スポンサーサイト

7/15 kenツアー2009in新木場

kenちゃんツアー、昨日の最終日も大層盛り上がったみたいですね。
ライブDVD発売の告知もあったようで。
あの幸せニコニコ空間がDVDで再び見られるのね。ウレチイな!
前日の楽しいライブの余韻を引きずったまま、昨日は一日中ニコニコ過ごしていました。ニヤニヤ。

kenちゃんって不思議な人だなぁ。
決して歌が上手いわけじゃないんだけど(や、以前に比べたら凄く上達してるけどね)、それを補って余りある魅力を持ってるのよね。
ライブで生のkenちゃんを見る度に、kenちゃんの持ってるパワーにあてられてどんどん好きになってしまう。
思い起こせばバブルフェスティバル最終日のSOAPライブ、あの日kenちゃんに魅了されて以来すっかりkenちゃんファンになった私。
kenちゃんは生です。生が一番です。
映像では直接伝わってこないエネルギーが、生だとギンギン伝わってくるのだ。生サイコー!(こら、エロいとか言わない!)

とにかくあの笑顔がずるいわ!
あんなにいい笑顔振りまかれちゃったら、こっちまでつられて嬉しくなっちゃう。
kenちゃんって、まず自分自身が楽しいと思うことをしているのであって、けっしてサービス精神が旺盛ってワケでは無さそうなのに、意図せずとも周りを巻き込んでみんなを楽しませる事が出来る人なんだろうな。
あ、それはHYDEのソロ活動にも言える事かも。
自身が持ってる求心力のなせる業なのかしら。素晴らしい。



ライブが楽しすぎて脳味噌が茹だってしまったので、レポ書くほどの記憶が無いんだけど印象に残ってることだけポツポツと書いておこうかな。(セトリ順不同)


Continue Reading

ライブ行ってきました!

と、言っても今回はVAMPSではなく、渋谷O-EAST、Creature Creatureライブ!
モーリー様&sakura目当てで、気軽な感じで行ってきたんだけど、予想よりもかなり楽しめました♪

クリクリの曲はあまり知らなかったものの、さすがはカリスマモーリー様!あの美声にはウットリ。ダンディです。アダルトです。あの声はすごい武器だわ。
MCもさりげなくカッコよくてジェントルだし。
見た目のインパクトのせいでエキセントリックな人なのかと勝手に思ってたけど、大いにイメージ変わりましたね。

ライブでsakuraを見るのは5年前のSOAPライブ以来。わお。
ちょっと見ない間に中年太りのオッサンになってたらどどどどうしよう!?と心配していたのですが(最近中年太りというキーワードに敏感)、とんでもない。まったくの杞憂でした。sakuraゴメンね。
いやしかし、sakuraはドラム叩いてる時が1番カッコイイね!!もう、普通に見惚れちゃったもん!やだ恥ずかしい。

場内は後方までぎっしり満員。
想像以上に男性客が多くてさぞかしハードなノリなのかと思いきや、なかなか大人な感じでいい雰囲気でしたねー。各々が自由に楽しんでる様子で。
そんな大人な雰囲気にも関わらず、終演後はアンコールの掛け声が止まず。大人だと思ってたけどみんな熱いわぁ!

客電が付いて終演アナウンスも流れ、ファンも諦めてぼちぼち退場し始めた頃、突然メンバーがステージに再登場!!ギャー!ビックリ!メンバーみんなお揃いでツアーTシャツ着てるし!www
(機材の撤収が始まってしまったので)「演奏はもう出来ないけどゴメンね」、とイイ声で挨拶するモーリーさん。優しい人だ・・・。
メンバーみんなで肩組んでお辞儀して、手を振りながら去っていかれました。
帰り際のまさかのサプライズに、なんだかあったかい気分になったわぁ。


あ、すごく余談だけど、会場でコメットさん見た!www
(見たというか目の前を通って行ったので、思わず会釈してしまった)
コメットさん、ラルク関連のライブの度に神出鬼没すぎ!まさかクリクリにまでいらしゃってるとは!
一緒に居たYちゃんの 「コメットさんは実は5人居る説」 に思わず納得。


今日もライブの前後にたくさんのお友達と会えて嬉しかった!
お馴染みの友達も、はじめましての方も、みんな明るくて楽しい方達ばかり。お会いできて良かった。
みなさんありがとうございました♪

6/3東京ドーム3日目(ネタバレ注意)

・・・・終わっちゃった。

昨日は色々と忙しくしていたのでまだそれほど実感は無かったんだけど、一人で家に居る今日は、改めて猛烈な脱力感に蝕まれています。はぁ・・・・・。
東京ドームの3日間、夢のように素晴らしいライブを見せてもらって、自分の中ではもう悔いは無いし、すっかり吹っ切れて前向きになってるつもりなんだけど、それでもやっぱり心の一部分がポッカリと抜け殻になってる感じ・・・・。

あんなに良いライブ見せられたら、恋しさは募るばかりだっての!!
うえーん!バカー!!好きだぁぁぁぁぁー!!(´Д⊂ヽ


燃え尽きて灰になるどころか、更にその灰が空に舞って散ってキラキラ光ったよ、ってくらいの東京ドーム最終日。
頭真っ白で覚えていない事の方が多いけど、自分の感じた事だけ書きとめておこう。自分の為にね。
3年後にまた読み返した時、私は何を思うのかな。


以下、レポというより個人的な感想のみです。
大変気持ち悪いので見ないほうが良いかもしれません。




  ===========================


東京ドーム最終日は、台風の影響で朝からしっかりと雨。
ラルクファンの涙雨か・・・。
早めに現地集合してカフェで温まっていたのですが、
前日から緊張でお腹痛い上に、いきなりテンションが上がったり下がったりする不審な私を、友人達が可哀想な目で見ていましたね・・・。

この日はツーさんtokuちゃん花ママさん(50音順)の4人で参加。
チケット神こと花ママさんが、なんとまたやってくれました!
アリーナAブロック2列目・・・!!!
花ママさん、あなたやっぱり只者じゃない。この局面、この最終日に、このチケット運!!
私ら全員、もうさいたまに足向けて寝ません!壷売るときは声かけてください!買います!

実際席についてみたら、こらまた想像以上にステージが近い・・・!!近い!近すぎるよ!!!
肉眼で表情までしっかり見える近さ!!
深く考えると緊張でチビリそうになるので、開演待ちの間ずっとステージの方を見れずにいました。
だだだだって、こここここわいんだもの、近すぎて。(((´Д⊂ヽ嬉しいけど恐いアワワワワ (ツーさんに「顔が青いよ!」と笑われる)

早くも瀕死の私ですが、とうとうライブスタート!本日もほぼ10分押し。


初めて間近で今回のセットをちゃんと見たんだけど、ホントに船だ!!!ちゃんと木で出来てる!動いてる!凄い迫力!!ででででデカイ!!
そして 「RAVELATION」 のイントロが流れる中、甲板に堂々と佇むラルクのメンバー達・・・・
何と言うかね、これはもう「カッコイイ」なんて陳腐な言葉じゃ全然足りないよ!
「鳥肌が立つ」どころじゃない!つむじからつま先までを何かが突き抜けたような衝撃を受けました!
まさに神々しい4人!!尋常じゃ無いオーラです!強すぎて目がつぶれる!

初日に、サブステ移動中に4人を一瞬目の前で見た時にも 「オーラ強くて眩しい!」 と、ひれ伏すような気分になったんですが、ホントにこの4人揃った光景は凄いです!見ただけで精神ヤラれますね!
こんな大きなステージに映えること映えること!!!
あああ・・・ラルクは4人でラルクだ・・・。(うわ言)

頭は真っ白な状態のまま、夢中で腕振り上げている間に次の曲へ。
うわぁ!!「プリガ」 だ!!ヤバイ!!
今度は頭真っ白なまま、踊り暴れつつも目はhydeの腰に釘付け・・・。
肉眼で、すぐ近くに見えるhydeの細い腰・・・・・・・プシュー!(何か漏れた)
あわわ、漏らしてる間にkenちゃんがこっち来た!!!
猛烈笑顔のkenちゃんダッシュだぁぁぁぁ!!!足長いー!!笑ってるー!!カッコよすぎて死ぬー!!プシュー!!
うわ、すぐそこにいらっしゃるのはtetsuさんじゃないか!!細い!そして煌びやか!!
メンバーがこんなに近くに居るという状況がありえなさ過ぎて、まるで現実感ナシ。でも足はガクガク。腰が抜けそう。

ライブ中、終始こんな感じで、メンバーが近くに来るとパニックで頭真っ白だし、ステージ中央で4人が揃って演奏していると神々しさに目が眩んで頭真っ白だし。
どっちにしろ頭真っ白でした。(´∀⊂ヽ


「DRINK IT DOWN」 「DAYBREAK'S BELL」
これを歌うhydeの表情が大好きなので、スクリーンを見たいんだけど、実物も見たい。どっち見たらいいのか迷ってあっち向いたりこっち向いたり・・・ああなんて贅沢な悩みだ!!

「Sell my Soul」
無敵のダイアモンドフォーメーションきたーーー!!!幸せ・・・・!
hydeが帽子被ってる・・・。kenちゃん、足長い・・・。
と、船の甲板で座りながら歌う彼らの姿を見ていたら、本物の海賊を見ているような錯覚に陥りました。
ただの海賊じゃなく、伝説の海賊ね。
深い霧の晩、数百年に1度現れる世にも美しい幻の海賊。近くに見えるのに、決して触れることは出来ない。
その奏でる音楽に魅入られた人間は、魂を持っていかれるの。
こうして改めて書いてると 「うわぁ自分気持ち悪うっ!!!」 って思うんだけど、でもあの時は真剣にそう思ったのよ。今思い出してもあの光景はこの世のものでは無いような美しさだったもの。

そんな夢見心地の所に、純一ドラマ挿入。
ちょちょちょ、すごい勢いで現実に戻ったwww

いやそもそもなんで3日間ともみゆきの隣の席に純一が!?
「待ってくれ!愛しているんだ!!ラルクも君も・・・」 って、もうワケ分からん展開!!もはやホラーwww
完結編と思いきや 「ライブ終了後に続く」!コラーっ!!!どうするつもりだぁー!!

グダグダになった所で 「get out from the shell」
だからこの流れ、やめようってば。(´∀⊂ヽ
強引にもほどがある。w

「get out~」 から 「THE NEPENTHES」 への流れはすっかり馴染みだけれど、いつ聴いてもカッコよくて痺れる展開だ!!
船の舳先に膝まづいて悩ましく歌うhydeを見て、脳ミソ噴き出ました
あれは人間じゃない。エロスの化身だ。

「My Dear」 を熱唱するhyde。
最初、あえて目を瞑って聴いてみた。ああ、なんて不思議な力のある美しい声なんだろう・・・
しばらくうっとり聴き惚れてから、目を開けてステージのhydeを見たら感嘆の溜め息が出た。
「見事だなぁ・・・・」 と。
この美しい声で歌っているのが、この美しい人だなんて。なんて現実離れした光景。
いや、顔の作りが整っているのは普段から重々承知だけれどね、歌っている時の彼の美しさは普段のそれとは違う美しさなんだよなぁ。(ああ、上手く言えないもどかしい・・・。)
オーラが白い。これが噂の 「発光するhyde」 か・・・・。
やっぱり人間じゃないのかも。

「LORELEY」 「forbidden lover」 
どちらの曲も海をゆく船という設定に見事に嵌りますね。息を止めて聴きました。
スピーカーが目の前なせいか、音のひとつひとつが内臓に響いて体に直接入ってくる感じ。恍惚。
そしてhydeはまた涙・・・。鬼気迫る入魂ぶり。

今までのパターンだと、forbiddenの後はkenちゃんのMC・・・・・と、思っていたら突然 「SHINE」 が!!!
意表を突かれたのと、それまでの重い空気が一気に明るく広がった、その開放感に感動して一瞬で涙が噴き出しました。
hydeの伸びやかな声と 「海を越え時を越えきっと咲くだろう」 の歌詞にラルクの未来を重ねて胸が一杯に。


kenちゃんMC
海外での外国語MCが大変で、僕はもっぱらこれ(スクリーン)に頼ってました。
君らも僕の食べたもの見て盛り上がってくれる?? 
 (大歓声)
じゃあ大阪からはそうしようかな。 エェェェェー!!!(大ブーイング)
いや待て!こっちだって色々と段取りあるんやから、そんないきなりは無理だって!!  「エェェェェェェ!!!」「見たい!!」「見せてー!!」(大騒ぎ)
「まったくお前ら!!www日本語でも意思の疎通が全く出来ん!!」

「分かってんねんで!ユッキーの声聴きたいんやろ?」 (大歓声)
マイクが無いと分かると、hydeがてくてくとユッキーの元へマイクをお届けにあがる。
ユッキー、hydeにお辞儀してマイクをもらう。いい光景w
「ユキヒロさんありがたいお言葉お願いします」
「・・・・・フュージョン!」 照れ笑い&振り付き!!
kenちゃんもすかさず振り付きでフュージョン。場内大盛り上がりだ!!

雰囲気和みまくったところで 「セブヘブ」 「Killng Me」 「STAY AWAY」 「RSG」 が怒涛のごとく!
この辺暴れすぎて何が何だか覚えてません・・・。


ここでアンコ待ち。
頭は真っ白、足が震えてへたり込む。


PUNKは遥か彼方。スクリーンでいい笑顔のメンバーを見る。幸せ。


「NEXUS4」
ライブ休止が発表になった今、あえてこの 「絆」 というタイトルの新曲を出してきた事には、きっと意図があるんだろうな。
(これがもし「bye-bye」だったらシャレにならない。)
青と白のきれいな明るい照明、私の中ですっかりこの曲のイメージになってます。
リリースが楽しみだなぁ。

「Driver's High」
イントロで炎が上がったのってこの曲だっけ??
すぐ近くで炎がボワンボワン出る度に、すごく熱くて!ハートに火がつきましたw
もう止められない大炎上!
hydeが目の前で 「悔いを残すな!!」 と叫んだ姿が目に焼きついてます。

「Link」
もうすぐ最後の曲・・・って、寂しくなると思っていたんだけど、この日はもうそういう気持ちも突き抜けてましたね。
なんだろう、これって 「解脱」??(ヒィー)
「ただもうラルクが大好きだ!!」 って気持ちと、ひたすら感謝の気持ちと、これからの明るい未来を確信する気持ちで満たされていました。
寂しいどころか幸福感でいっぱい。こんな気分になったのは初めてです。

曲中のメンバー紹介。
yukihiroさんへの質問 「今日食べたものは?」
「野菜ジュースとヨーグルト」 えぇぇぇぇー!!!(hydeも肩をすくめるポーズをw)
「では、昨日の晩御飯は?」 「ハンバーグです」 なんとなくホッ。会場大歓声。

tetsuさんへの質問 「最近はまっているドラマがあるそうですが」
「『HEROS』!キムタクの『HERO』ちゃうよ!」
「では、そのドラマの決めポーズをお願いします」
「ヤッターーーー!!」 お約束!www
2日目の残念な歯笛wと違って、今日は大成功!盛り上がったー!!おめでとうtetsu!!

kenさんへの質問 「メンバーの中で一番グルメだと噂のkenさん。今回外国で食べた美味しいものは?」
「フォアグラ!!」 
ここでスクリーンにフォアグラの写真と、kenちゃんと謎の外人のレストラン2ショットが!!
さっきのkenちゃんMCを受けて急遽用意したのかしら!グッジョブです!w

hydeさんへの質問 「ギターの早弾きを披露してください」
スタッフからギターを渡され、渋々っぽいhyde。
それでも頑張ってなんとか弾き終え、kenちゃんに笑顔で 「グッド!!」 ってされてた!ヤッタネ!!www


幸せな楽しい雰囲気で 「MY HEART DRAWS A DREAM」
もう寂しい気持ちは無くなったけど、この曲は聴いてて幸せ過ぎて胸が一杯になってしまって、結局また泣いてました。
優しい音楽、神様のような優しいhydeの表情と声、明るい照明、そして会場の大合唱。夢のようにキレイな曲。


神様に見えたhydeが、急に人間に戻ってMC。
ああ、もう私倒れそう。
「しばらくライブはお休みなんですけど、ゆっくり構想を練って次はもっとすごいライブをやりたいと思ってます。」
『やっぱりラルクアンシエルね!!』って言ってもらえるような。ね??(リーダーの方見て)」 

リーダーも笑顔で頷いてました。ああああ・・・・嬉しい。泣く。
「次は船もこんな木造じゃなくてね、すっごい船になって帰ってくるんで!!楽しみにしててください!」
「外は台風??雨??だけど、ここではキレイな星空が見えるといいな。」

ラスト 「星空」
天井に映る映像が、1日目と2日目の併せ技だったような。
初日の銀河っぽいキレイな映像+2日目のミラーボールのキラキラ。
とっても豪華で美しくて、hydeの高く昇って広がってゆくhydeの声見事に合ってました。
キラキラとたくさんの星くずが舞うステージで演奏する4人の姿は、夢のようにキレイでした。


泣いても喚いても、ステージから颯爽と去ってしまったラルクさん達。
座り込んで放心していたら、まーた純一ドラマが!!
だからもうこのメチャメチャなタイミングやめてぇぇぇぇ。・(゚´Д`゚)・。゚付いて行けん!!

みゆき、純一に平手打ちをお見舞いして走り去る。
あっさり振られた純一は一人会場に残される。なにこの展開。
そこで突然純一が紙を取り出して読み始める。
「こんにちは、石田純一です」 (知ってるってば)
「ここでラルクアンシエルから重大な発表があります」
「今回のライブの写真集が発売することになりました。ドキュメンタリー映像も作成中です」
「これからラルクは3年間ライブはお休みしますが、シングルCDのリリースはあります。ソロで活動するメンバーも居ます。活動休止ブームの昨今ですがラルクは活動休止も解散もいたしません。」 
大歓声!!!!
「なぜなら・・・・ラルクは文化だからです。」
去っていく純一。うわぁどうしよう、私、一瞬純一に惚れちまった!!!(´∀⊂ヽ
ありがとう純一・・・でもなんでこんな発表をオマエの口から聞かされなきゃならんのだwww
もうわかんない!でも嬉しい!

そしてドームを後にする純一の画面下には 「つづく?」 の文字。
こりゃ重大発表は大阪でも続くのね!くそー。いつもながら思わせぶり作戦!!

微妙に混乱した気分のところに、続けざまにラルクの映像が流れ始める!!
今ツアーの写真集と思われるカット (めためたカッコイイイ!!!) と、ドキュメンタリー映像の一部。
kenちゃんがフランス公演で銀テープに撃たれた場面が見事に映ってました!!
初日のMCでkenちゃんが言ってた 「フランス人の医者が来たんだけど、何言ってるか通じなくて。折れてないって言ってるらしいんですよ。」 「でも俺は絶対折れてる!!折れてる!!ってアピールしました!」 ・・・の場面の一部始終が撮られてるもようです。
(あんなアクシデントまでもすかさずネタにするとは・・・なんと貪欲なスタッフw)

そんな新着映像で大興奮の中 「NEXTLIVE2011」の文字と共に映像終了。
ライブ終了のアナウンス。

・・・なんとも・・・・バタバタと混乱した気分のまま、でも半ば放心状態で東京最終日が終わったのでした。
あれ、さっきまでそこに見えていたステージのラルクって、夢だったのかな??
思い出そうとしても、なんだか長い夢を見ていたような本当に不思議な気分・・・・・。

今でも半分、夢だったのかなぁ・・・と思ってます。


私のL7ツアーはこれでおしまい。
今週末の大阪、ラルクはまた凄いステージをみせてくれるでしょう。
行かれる皆さん、ラルクは本当に凄いです。
どうぞ悔いを残さず楽しんで来てくださいね!!


今まで本当にありがとう!!ラルク!!
3年後、ものすごく期待してるからね!!!





6/3

RAVELATION
Pritty Girl
Caress of Venus
DRINK IT DOWN
DAYBREAK'S BELL
Sell my Soul
get out from the shell
THE NEPENTHES
My Dear
LORELEY
forbidden lover
SHINE
SEVENTH HEAVEN
Killng Me
STAY AWAY
READY STEADY GO

milky way
Feeling Fine 2007

NEXUS 4
Driver's High
Link
MY HEART DRAWS A DREAM
星空

「THEATER OF KISS 」 代々木第一体育館4日目

ぬーん、3日目のレポで色々書きすぎたせいで、4日目は書く事少なそうだわ。

んではさっそく、代々木4日目いってみよ!




======================================


2008年2月10日(日)代々木4日目


楽しみだった代々木ライブも、あっと言う間にいよいよ最終日に・・・。
夕べの雪は地元でもすっかり溶けてました。

また渋谷で仲間と合流して、ライブに備えて腹ごしらえ。(オムライス美味しかった!)
しかし、時間に余裕をもってきたはずが、気付けば何故かギリギリに・・・。
ライブ前にお会いする約束をしていたmayuさんをお待たせてしまい、申し訳ない事に!
mayuさんや噂の相方さん、はじめましての空さんにご挨拶を済ませ、あわただしく会場入りしました。
皆さん、バタバタしていてちゃんとご挨拶出来ずに全く申し訳有りませんでした!mayuさん、お土産ありがとう!いつもゴメンね。(´Д⊂ヽ
それから、お会いできなかった皆さん、ホント申し訳有りませんでした・・・。


今日は代々木最終日だから開演も早いのかも?と思い、ちゃんと5時までには入場。
今日の席はね、入り口から近いからラクなのよ!!
なんたって2階のAブロック!
同じAでもアリーナのAとスタンドのAでは天国と地獄くらいの差が!www
スタンド席の 「しっぽ」 みたいな場所で、アリーナに居た友達がすぐに私らを見つけたくらい、分かりやすい場所でしたwww

でも全然OK!!激戦の最終日、どんな席でも参加出来るだけで夢のように幸せ!!
LE-CIELでもネットでも全滅。同じ様に取れない人がいっぱいで、これはもう無理かなぁ・・・と半ば諦めていたところに、奇跡の花ママさんがコンビニの先行電話予約で取ってくれた夢のチケット!!
本当にありがとう!!花ママさん!!あなたやっぱり壷売ったほうがいい!(´∀⊂ヽ

席についてみたら、想像していたよりは遠くなくて (ドームの遠さをイメージしてたから余裕w)、ステージがほぼ全体見渡せてこれはこれでなかなかイイ感じ!
「『海辺』の時にはステージよりもAブロックのが照明明るいよw」 と聞いていたので覚悟していたのですが、幸いそれも全然気にならなかったですね。鈍感でラッキー!w


最終日のスタートは 「THE BLACK ROSE」 から!

本日のhydeは黒のジャケット!下のシャツはまたサスペンダー風デザインでした。
前日と同じ?と思ったんだけど、後で微妙に違うデザインだと聞きました。みんなよく見てるねー!
kenちゃんは前にどこぞで 「ブラのホックかはずれた」 って言ってたあのベスト(っていうの?)の下に、微妙な袖の長さのTシャツ?を着ててなんか不思議。
あとで会ったtokuちゃんが 「よりによってカメラが入ってる日にあんな・・・・」 と泣いてましたw。
tetsu様は頭の羽が珍しく前日よりボリュームダウンしていました。最終日にはてっきり鳥か小林幸子になるのかと思っていたのに期待ハズレ意外でしたね。
ユッキーはやはり前日同様、不思議な柄の衣装。

「SEVENTH HEAVEN」
この曲の照明がすっごくキレイでね!!
見晴らしの良い席だから客席も含めたステージが全部見えたんだけど、何度も行ったのにあんなにステージと客席全部がキラキラと綺麗に感じたのは初めてでした!
会場満員のお客さん全体が、セットの一部のように美しかったですよ。
感動的な光景で、なんだか胸がいっぱいになりました。
ラルクもラルクファンも凄いなぁ・・・(´∀⊂ヽ

hydeMC

「いらっしゃーい(低い声)」
「今日は代々木22回目の公演です!」
「代々木はホームグラウンドみたいな感じだからね、もうトイレの位置もバッチリです。」
「でもね、トイレ一ヶ所しか無いんだよ・・・時々おしっこ待ちの行列が出来たりします。」
「前にここで『Shibuya Seven days』ってライブをやったんだけどね」
 (拍手!思い出しただけで胸いっぱい!)
「あの時は7日間毎日毎日通ってね、通勤してるみたいな気分でした!」 (隣で花ママさんが「私も・・・」って呟いてました)

「東京は今日で最後なんでね、いい波がきたら乗っかって下さい!乗り遅れんなよー!」
「今日もいっぱいキスしようぜぇぇ!!」

ここでいつもマイクに 「ぶっちゅうううぅぅぅ~チュッチュチュ~!!!」 ってすっごい音立ててチューするんだけど、この日だけは控えめで普通に 「チュッ」 でしたね。
やっぱりカメラがあるからかな?

最終日こそは 「接吻」 をフルで・・・!と、サプライズを期待するも・・・残念。(まだ諦めてなかった人w)
歌い終わってhydeがうっすら笑った気がした。くそう、負けた・・・・。

ハグハグシエルちゃんのCM、噂に聞いてた 「メンバーが出てくるバージョン」 がついにお目見え!!
いつもはシエルちゃんやらバニーさんが降りてくるポールから、薄っぺらい紙?で出来たようなメンバーの人形が・・・。
しかも全員肩にフラミンゴ乗せてます。
シュールだ・・・・! 意図がさっぱり分からない・・・www

「DAYBREAK'S BELL」
他の日もやってたけど、「炎で裁きあう♪」 の部分のメロディを高く変えてるのがカッコよかった!

「ALONE EN LA VIDA」
自分自身のライブ最終日ってこともあって、思い入れのある曲はドップリと浸って聴いてました。
ここに居るみんな、同じ様に 「旅の途中」 なんだよね・・・
みんな、旅の途中でたまたま道が交差して出会えた人達。
なんだかすべてに感謝したい気持ちと、せつない気持ちでいっぱいになりました。
(´Д⊂ヽ

「砂時計」 「海辺」 と感情ドップリ系曲が続いて、気持ちが張り詰めていたところに、 果てしなく優しい 「マイドリ」 が。
kenちゃんのギターも優しい、hydeの声も言葉も心も優しい、ファン全員で大合唱。
気付いたらボロボロに泣いてしまいました。あらやだ腺が壊れちゃった、止まらないわってなもんです。
本当に、マイドリってすごい曲だな・・・。


おまたせkenちゃんのユルユルMCターイム!もう泣き笑いです。

「昨日来た人ー!」 (ハーイ!)
「外出てびっくりした人!」 (ハーイ!)
「雪の足跡つけた人!」  (ハイハイハイ!)

「うーん、こういうMCの流れで盛り上げたかったんだけど・・・・もう終わっちゃったw」

「車にスノーモードってあるの知ってる?」 (しらなーい!)
「それだと雪道で滑らないらしいんだけどね」
「あとスポーツモードってのもあるんだけど、あれは何なんだろう??車がスポーツするの??どういうこと?!w」
「で、昨日はスノーモードで運転してたんだけどね・・・・・滑るんだよね」
 (爆笑)
「マネージャーが 『kenさん、スノーモード解除してもいいですか?』 って言うから、 『うむ、そうしたまえ』 ってw」 。・(゜´∀`゜)・。゜
「車の免許オートマの人ー!」 (ハーイ!)
「マニュアルの人ー!」 (ハーイ!)
「昔、マニュアルで雪の山道走ってた時にガソリンがなくなりそうになってね、ガソリンスタンドも無いからどうしようーって思って。で、そうだ!ニュートラルで進めばガソリン節約出来る!って思ってニュートラルで走ったら・・・・スピンしましたね」 (コワぁぁぁぁ!!!w)


「DRINK IT DOWN」

この曲を歌っている時のhydeに 「狂気」 を感じます。
それぞれの曲ごとに何かが憑依しているかのような、見事な変幻自在ぶり。千の仮面を持つ少女ですよ。舞台あらしですよ。
「♪正気でいられるのかっ!!」 の所かな、顔の前で何かを払いのけるような仕草をするの、カッコイイんだよなぁ。

「Pretty girl」
ほらキタ!「狂気」 から、あっと言う間に 「ポップでキュートな小悪魔ちゃん」 に変身よ!!w
連日披露していた 「HUGしてKISS」 のシーン。
この日はhyde、絶対忘れてた。www
その歌詞が近づいてるのにどんどん一人で花道の方へ行っちゃって、ハッと気付いた (ホントに慌てた顔してましたw) 時はもう間に合わない!
仕方ないから手近な花道のマイクスタンド相手にハグチューをしてました。無理矢理。
(しかし、これはこれでなかなか良かった・・・・)

「REVELATION」
冒頭イントロ部分で照明を後ろから浴びたhydeのシルエットがスクリーンに映るんだけど、 ここ、すごくカッコイイんだけどね、いつもちょっと笑っちゃうのよね。何故だろう。
カッコイイやら可愛いやら、でもやっぱりカッコイイけど、でもちょっとおかしい・・・・ああ女心って複雑。

「Link」

hydeさん。この曲は白目で歌うと決めてきたんですかっ?w 今日もちろっとやってました。1回だけだけど。
更に今日はステージによっこいしょ、って感じで寝転んで、更にゴロンと客席側に背中を向けてました。
この時白いお腹がシャツから見えてドキッとしたのもつかの間、転がったままおもむろに尻をポリポリ掻いて見せてました!(´∀⊂ヽ
ああいうだらしないカンガルー居るよなぁー。www


PUNK
「Feeling Fine 2007」
「HONEY 2007」

hydeの横揺れギターを双眼鏡でロックオン!(*´∀`*)
前日と違って 「夏の憂鬱」 やらなかった分体力がラクみたいで、kenちゃんが足取り軽く笑顔で去っていきました。w
しかし、tetsuさんはツアー前半は死にそうな顔色だったのに、この数日はすっかり元気そうになって良かったです!
笑顔で楽しそうでしたね。


「真実と幻想」 もう1度聴けないかとかすかに期待していたのですが、この日は 「fate」 でした。うーん。
この曲も好きだけど、この前の 「真実~」 があまりにも凄すぎたからかすんじゃう。

READY STEADY GO
Shout at the Devil


「雪の足跡」
夕べの雪を思い出しつつ、なんてこの季節にピッタリの曲なんだろうかと聞き惚れました。
冬の歌なのに 「暖かい」、hydeってこういうの得意ですよね。
この先、この曲は冬のツアーじゃないと聴けないんだろうか・・・。(あとハリクリも)

hyde MC

「雪!昨日、雪降ったね!!」 (嬉しそう)
「僕の祈りが届いたのかな?」
「でも朝になったらぜーんぶ溶けててね・・・昨日のは夢だったのかなぁ?って」


「いつでも雪国に行けるように、僕の車のタイヤはいつもスタッドレスです!」
「(メンバーに)昨日大丈夫だった?」

tetsuさん 「大丈夫だったんだけどね、車降りた瞬間コケた!w」

「次は東京ドームがあるからね、またセットも違った感じにしようと思ってます。」
「このセットね、ツアー終わったら全部壊しちゃうの」
 (エー!)
「抽選で1名様にプレゼントします」

「日本は四季がっていいねぇ」
「冬が終わってもうすぐ春でしょ。春になったらお花見もしたいなぁ・・・」
「それから、夏になって水着のお姉さんでしょ。」
 (この辺でもう展開が読めるw)
「次はサンマの美味しい季節になって、ハロウィンなんかもあってね・・・・・・・・
あーっ!! (すっごいわざとらしいブリッこポーズ)
やっばーい!もうすぐクリスマスじゃん!」


ち、力技!!!
。・(゜´∀`゜)・。゜ スゴイ!!hyde!!サイコー!

「Hurry Xmas」
ああー、終わっちゃう。でもラストがこの曲だととっても楽しい気分で終われるからイイね!!
普段のライブだと、大体ラストは壮大なバラードで感動のフィナーレ
だから、たまにはこういう楽しくて可愛いのも新鮮。
みんな笑顔のままで終演!!

ゲネプロの時は正直 「うーん(;´∀`)??」 って気分もあったんだけど、巡り巡って代々木ではすっかり楽しいライブに進化していました。
何でだろう?不思議。お互い慣れたのかな??
思えば、直前の「また火ツアー」が良かったのと、更にアルバム「KISS」が良過ぎたせいで、今回のシアキスツアーに過剰な期待をしすぎていたのかも。
それぞれが思い描いていた理想のシアキスツアーのハードルが高過ぎた、ってのはあるんじゃないかな。
ともかく、このきらびやかで可愛くてシュールで楽しいKISS劇場。
勢い余って初めての 「関東全通」 だったけど、本当に行って良かったです!!
ラルク大好きだぁー!!サンキュージーザース!!!
(*´∀`*)



:オマケ:

ライブ後はいつものハイバカメンバー+花ママさんで打ち上げ。
たいがいいつも変な人達ですが、特にライブ後は興奮状態なので輪をかけて変なんですよね。
みんなどうかしてました。
2次会のカラオケも異様なハイテンションで(部屋の空気薄くなってたかも)、メチャメチャ楽しかったです!!
感動曲マイドリをリクエストしてtokuちゃんに歌ってもらったんだけど、tokuちゃんってスッゴイ歌上手いの!!ほんとビックリしました!
あのクソ難しいマイドリを素敵に歌い上げてたもの!惚れそうになったよ!
ラストの 「♪夢を描くよ~」 は全員で大合唱。
涙が出るほど楽しくていい思い出となりました・・・。
みんなありがとう!

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

はっちゃん・ハチコ

Author:はっちゃん・ハチコ
別名オカマ(でも女です) 
ラルオタ暦1999年~
しし座A型天王星人
プロフィールはこちら

***カマハチにメール***

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。