スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・体・験

やーだもう、今日はなんだかいきなり冬ですね!
朝からもっこもこに着膨れてます。
寒い季節の必須アイテムといえば、お鍋、ひざかけ、湯たんぽ、そして 「ROENTGEN」 ですな!
ROENTGENって発売が春だったのが不思議なくらい、まるきり冬のイメージアルバムよね。
真冬の寒い日に暖かい部屋で暖かい飲み物飲みつつ、ゆったり聴くのがコレ最高。精神的贅沢だわー。(日々騒々しい生活してるので、なかなか実現しないけど・・・)


さてさて。
私先日、初めてスピッツのライブに行って参りました!
初スピッツ!初マサムネ!

スピッツはかれこれ10年以上前、「ハチミツ」とかあの辺の頃からずっと好きだったんですよ。
「好き」といってもラルクへのそれと違って、「普通に好ましい」感じの柔らかい好き具合でね。
だからずっと 「ライブ行ってみたいなー」 とは思いつつも、熱心さが足りないので機会を逃しっぱなしだったのですが、今回ご縁あって初めてのライブ体験とあいなりました。嬉しいわぁ。

スピッツ好きな同士Yたんと二人、向かうはZeep東京!わーこの前来たばっかりー!www
しかし、VAMPSの時とは会場の雰囲気があまりにも違ってて実に面白かったです。
思えば、私ライブハウスでのスタンディングライブはラルク関連のしか行った事無かったんですよね。こんだけ毛色の違うライブハウスは初めてで、色んな事がいちいち新鮮でした。
多分皆様のご想像通りだと思いますが、まずお客さんの服が黒くない!皆さんナチュラルな普段着だ!そして殺伐としてない!すんごい和やかww 
混雑してる入場時に、ちょっと肩が当たっただけで「あ、すみません!」と慌てて謝ってくれた爽やか男性に、Yたんと二人で感心し過ぎて笑っちゃいました。(・・・って当たり前のことなんだけどね)
そうそう、想像以上に男性ファンが多いのはちょっとビックリしましたね。(4割くらいかも)カップルで来てる方もかなり多かったです。年齢層はやや高めながらもそれなりに幅広い印象かな。

会場内もステージセットもいたってシンプル。この前のVAMPSと同じ会場とは思えないスッキリ具合でしたwww
で、VAMPSの時と客数は変わらないだろうに、場内はすごく混んでてまたビックリ。
前方への圧縮が無いから、後方までまんべんなくお客さんが入ってるのよね。
後方の空いてるところでのんびりマッタリ見るつもりが、どこも混んでるし暑いしで予想外の展開でしたね。あらためて、HYDEソロの前方圧縮率は尋常じゃ無いんだな、と実感。

そして、チケットに書いてあるとおりの開演時間ぴったりに、ちゃんと開演。スゴイ!!真面目!(こんな事でもいちいち驚き&爆笑してしまう私たち)
しかも、BGMやら演出一切無しで、ごく普通にトコトコ歩いてステージに出てくるメンバー!学園祭みたいだ!なんと新鮮・・・・!w
こんなんでいちいち驚くなんて、どんだけ自分がラルク(およびHYDE)に毒されてるかがつくづく分かりました。まだまだ自分狭いわ。色々経験して見聞広めなきゃねぇ。

で、肝心のライブですが。
とことんマサムネさんの生美声が素晴らしかったです。
あの声はホント凄いですよ!!
綺麗な声なんてもんじゃない。キラキラしてるの。
で、そのキラキラが耳から体に入ってくるの。もう、気持ちイイのなんのって!
「歌声」ってなんて素晴らしい楽器なんだろう・・・・・としみじみ感じました。
CDで聴いても十分綺麗だけど、生で直接体に伝わってくる音ってのはやっぱり何にも代えがたい快感ですね。

マサムネ氏といいhydeといい、それぞれタイプは違うけど「人を魅了する歌声」ってのは生まれ持った天性のものなんだろうな。(もちろん御本人の努力のたまものでもあるけどね)
まさに神様からの贈り物だね。
神様に選ばれしボーカリストの皆さん、素敵な歌声を聴かせてくれてありがとう。ああ幸せ。

歌声は素晴らしいし、演奏もきちんと丁寧だし、ちゃんと煽って乗せてくれる曲もあれば、スピッツの王道の甘酸っぱいキュン曲もいっぱい聴かせてもらえて、実に満足なライブでした。
あれから数日たったけど、いまだにキュンキュンメーター上がりっぱなし。気分は10代。甘くせつない片思い真っ只中よ!

せっかくなので、このまましばらく10代に戻って乙女になってます。(はた迷惑)
んではまた!(*´∀`*)ノ




拍手おへんじ

>花ママさん
そうよ87件よ。テンパリっぷりがよく分かるでしょうw

>nodokaさま
タイアップ嬉しいですね!月末から流れるそうなので、今か今かと毎日ワクワクです♪

スポンサーサイト

L change the World

あー、最近風が強いですねぇー。
電車は止まるわ花粉は舞うわ埃っぽいわ、メチャメチャです。
「今年の春一番は激しい」 というニュースを聞いて、今年もまた思い浮かべました。

haru.jpg 
 
 ← しかも 「激しい」 とな・・・・。



そんな強風吹き荒れる中、昨日はまーさんと二人でLたんの映画を見に行ってきましたー!
最近はすっかり 「L'」 の方にドップリだったので、Lたんの映画はまあDVDになったら見ればいいか・・・と思っていたのですけど、
先日TVで放送されたデスノート前後編をまた見てしまったうえ、LバージョンのロッテCMを何種類か目にしてしまったおかげで俄然ムラムラと・・・(制作側の思うツボ、釣られ放題釣られましたw)

で、その映画ですけど!!

まあ、内容的には・・・なんというか、突っ込みどころ満載のアレなんですがw
とにかく松山Lが好きな人は見たらいいと思います!
あのモヤシっ子のLが、お外で大活躍ですよ!
あんなに体力無さそうなのに、ママチャリ乗ったり猫背でダッシュしたり慣れない電車乗ったりと、珍しいシーンがいっぱい見れます!w

あとよく分からんのですが、Lがロシア語やフランス語を喋ってるシーンがあったんですけど、これがなかなか流暢っぽく聞こえたんですよ。仕事出来るオトコ素敵・・・ってうっとりしましたw
まあ、私自身がフランス語とか知らんので上手いのかどうかもよく分からないですけどね、でも流暢っぽく喋れるってだけでも凄いな!と思いますよ。(そういう意味では5ヶ国語マージャンのタモリさんも最強)

この前TVでデスノ見ていた時、スイーツおでん(お菓子の串刺し)を差し出すLのあまりの可愛さに
「・・・うわあああ、あれ欲しい!菓子が欲しいんじゃなくて、Lからああやって貰いたい!!(*´Д`*)」
と、うっかり家族の前で声に出してしまったのですが(鮮やかに引かれました)、
この映画でもLまたスイーツおでんをせっせと作っては差出して断られてましたね。
だーかーらー、私なら断らないのに!いくらでも喜んで受け取るのに!

えっと、映画の内容とかキャストに関しては多くは言うまい・・・って感じなんですけど、ちょっとグロいシーンが多かったです。
グロ苦手ではない私でも、ちょっと目をそらしてしまう所も有り。
映画終わった後、まーさんとも 「なんか食欲無くなっちゃったよね・・・」 って言ってました。(でもすぐに忘れてたくさん食べたw)
あと、子役の二人はなかなかいい演技してましたね!
福田麻由子ちゃんは前からあちこちで見ていたので「天才!」って思っていたんですけど、あの男の子の方も、セリフはほとんど無いのに不思議と存在感があって良かったですよー。(ラストのネタにはちょっとビックリしたけどw)


それにしても、映画を見てあらためて松山LのLっぷりに感心しました。
原作の 「L」 のソックリさんでは無く、「松山L」という新ジャンル を彼は既に確立してますよね。
松山君の演技力がスゴイのか、たまたまLという役柄が彼の素材にリンクしたのか、そのへんまだよく分からないんですが、とにかく彼はごく自然に 「L」 でしたねー。

あと、これはもうただのオタク目線なんですが、松山君って造形が美しいよね!
全身のバランスはもちろん、鼻の形や横顔の顎のラインとか、ちょっと特徴ある口元とか、キレイな指とか手とか・・・・(うっかりすると内容そっちのけで見惚れてしまった)
んで不思議なのは、普段の松山君よりも、L役を演じている時にこそこれらの魅力がとびきり際立って見えるのよ。まさにLマジック。

そんな松山君、今度は あのクラウザー様役 をやられるそうで!
。・(゜´∀`゜)・。゜大変ー!!
あの役はかなり演技力が無いと難しいでしょう!ある意味松山君の真価を問われる作品になってしまうのでは?wwww
ガンバレ!超ガンバレ松山君!w


わぁー、Lについて長々と熱く語ってしまったわ。
今週初めは一人で盛大に会報祭りだったんですけどね!
んじゃ、また!!

ニュース番組で

久々に見たよ、大神源太会長!
ナツカシー!!!
。・(゚´∀`゚)・。゚

私の中ではもう長いこと 「乳首=大神会長」 が定番なんだけど、なかなか世間の人には通じなくて孤独を感じています。
あの衝撃を覚えてる人は少ないのかしら?




全然話は変わって、今日は漫画話なんですが。



今度は 「20世紀少年」 も実写で映画化するそうで。


キャスト云々以前に、それまでに連載終わるのか???
・・・・ってのが、何より気がかりですね。w


長いよねぇ・・・。今何巻だっけ?
最新刊が出るたびに、今までの内容忘れちゃってて前の巻から読まなきゃならないの。(ベルセルクも同じく)
もう、買うだけ買っておいて、終わったらまとめて読もうかなと。

あの長い話を、一体どうやって映画にまとめようってのかしら???
やるからには中途半端なことはやらないでほしいなぁ。



浦沢作品といえば、最近 「PLUTO」 を買ったんですけどね。
もう、あまりの上手さに唸りました。
原作の「鉄腕アトム」は持っているので、「これを一体どうリメイクするのかな?」・・なんて興味本位の軽い気持ちで読んでみたら、これがまぁ、想像を遥かに超えたリメイクっぷりで!!
原作と全然違う・・・・
いや、違うっていうか、確かにストーリーの骨格やらキャラクター名は同じなんですけどね。
それ以外は、肉付けも切り口もキャラクターの外見も、すべて別物。
でも原作の主題はブレてない(多分)。

頭のどの部分を使えば、ここまで物語を膨らませる事が出来るんだろう???
一体、浦沢氏の頭の中はどうなっているんだろう???
と、ただもう驚きです。


そんな折、先週たまたまNHKで浦沢氏の特集をやってまして。
漫画家とか物書きって、大御所であればあるほど偏屈なイメージがあるんですが、氏はとても物腰穏やかで優しげな方ね。
こんな、普通っぽいにこやかな人なのに、この人の頭の中には創造の宇宙が広がってるんだなぁ・・・・人間って凄いな・・・、と途方も無い気分になってしまいました。
別に、普段は浦沢直樹にそれほど思い入れは無いんだけど。



ああ、私はつくづく表現者全般 (芸術音楽美術諸々すべて) に弱いんだなぁ。
無条件にひれ伏してしまうよ。




あれ、最初の方の大神源太の話から方向だいぶ変わっちゃったな。
何言ってるんだ私。


とにかく「PLUTO」、
原作を知ってても知ってなくても、引き込まれること必至ですよ。
漫画好きの方、機会があったらぜひ。

ただ、原作を知ってる者からひとこと言わせて貰うと、


「これも連載すごく長くなりそうだよ。」


現時点で、まだまだまだまだ序盤です。w



DEATH NOTE

コラーっ!誰ですかっ?

検索ワード「松山ケンイチ 気持ち悪い」でここへやってきたのは?!(笑)


先日TVで「DEATHNOTE・前編」が放送され、お茶の間にも松山Lのキモカワっぷりがかなり浸透したようですね。
ある意味衝撃的であったようで。
ご近所の小さいお友達にも「L、きもちわる~い!」と大評判です。
(ノ∀`)


めでたく後編が公開になり、居ても立ってもいられず早速本日見に行ってきました!!
学校が振替え休日だった娘を(無理やり)連れて。

他にも休みの学校が多かったみたいで、平日の午前中にも関わらず、広い館内がほぼ埋まってましたね。すごいなぁ。
小中学生、女子高生、大学生くらいの男性、オバちゃんグループなど、客層は結構幅広かったような。
TVで前編見たファン、原作ファン、ミサミサファン、藤原ファン、松L萌ファン、一体どんな割合なのかが知りたいと思ったわ。


んで、感想ですが。


Lです。

やっぱりLです。

松山Lですよっ!!!


正直、Lを見るためだけに映画館へ行ったようなもんですから!

くはぁぁぁわぁぁひぃぃぃ!!!(かわいい)

(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)



ちょっと!松山くんよぅ!
あんた前回ちょっと可愛い可愛い騒がれたからって、今回狙い過ぎじゃないの?!
ってくらい、あざといカワイコっぷりでしたね!
くっそー、まんまと可愛いじゃないかっ!!むきーっ!!!


Lたんの「甘いもの食い倒れ道」も今回かなりレベルアップしてまして、
おいコラお前それ!wってな凄い掟破りっぷりでした。
松山くん、あんたはエライ!
よく頑張ってあんなに食べた!感動した!
( ;∀;)


肝心の内容ですが。

一言で言って、原作を無理矢理キレイにまとめちゃったな…と。
正直、急ぎすぎて苦しい部分がたくさんありました。
でも、映画にするのならこれで精一杯だよね…頑張ったよなぁ…という感じでしたね。はい。

いいの、もう。なんでも。

松山Lが可愛いから!!!!

はい、すべてこれでいいのだ!以上!!



(しかし、母「L、いいよね!」とはじけるも、娘からの同意は全く得られず)


それにしても、藤原くんは前編より太ったのではないだろうか・・・。
顔がパンパンで、とても気になったわ。
演技力はあるんだろうけど、ルックス的にはかなり月から離れちゃってるよ~。

ちょっとカピバラに似てると思った。

イエモン語りなど

むーん。

hydeさん、先日またHydeistご来訪されたそうですねぇ。
ウェブカメラもあったとか。
我が家はちょうどその時間帯『空飛ぶ貴公子ピーターマービー』なんか見ちゃってて、
すっかり見逃しました。
とほほほほほ。
('A`)

よって、浮かれたネタも何も無いです。
相変わらずパンダにうつつを抜かす日々。


めっきり秋も深まってまいりましたね。
そんな季節なのにイチゴ
イチゴに蟻10匹って、あ~あ~あ~。
コテコテのオヤジギャグじゃないですか、もう。

「イチゴ」といえば一般的に「可愛い系」のアイテムなのに、ラルクさんちのアレはそこはかとなくグロくて、そこがまた可愛いね。
普段グッズにはあまり興味ないんだけど、今回イチゴシリーズで可愛いのがあれば買っちゃうかも。

そして、おそらくhydeファンの方々は、パンフやポスター等での「hydeとイチゴ」の素敵ショットを大いに期待しているはず!
あはははぁ、想像するだけで表情筋が緩むよ・・・・。
イチゴパンツまでは考えなかったけどな!)



グロいイチゴといえば連想するのが、イエモンの「JAM」のPV。
あのイチゴジャムの描写は、手に汗握るくらい恐かったなぁ…。(吉井さんも)

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

はっちゃん・ハチコ

Author:はっちゃん・ハチコ
別名オカマ(でも女です) 
ラルオタ暦1999年~
しし座A型天王星人
プロフィールはこちら

***カマハチにメール***

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。